積木

一生に一度の買い物をするなら慎重に一戸建てを選ぼう

マイホームの購入プラン

内観

川西市内で子育てに適した新築一戸建てを手に入れるには、土地を購入して子供部屋なども確保できる建築プランを選ぶべきです。不動産情報サイトで価格などで物件を並べ替えたり、再開発地域のハイグレードな新築物件にターゲットを絞るのがポイントです。

住まいを選ぼう

説明

マンションと一戸建てはそれぞれ違ったメリットがあります。名古屋でマンションと一戸建てのどちらを購入しようか迷った時は、自分が住まいに求める条件をまとめてみると良いでしょう。今のライフスタイルだけでなく、今後の人生を考えて慎重に選ぶようにしましょう。

物件の購入

一軒家

南海で戸建てを購入するときは必ず複数の物件を見学して、それぞれのメリットを比較してみましょう。新築の戸建てを購入する場合は、モデルハウスやモデルルームの内装に舞い上がらないように注意して、冷静な気持ちで見学するようにしましょう。

快適な生活が実現できます

住宅

環境の良さがメリットです

志木は埼玉県の南部に位置する市で東京圏のベッドタウンとして急速に発展してきた街の一つです。鉄道の利用で志木駅から池袋駅まで15分なので、通勤や通学にも便利な地域です。志木市は朝霞市やさいたま市と隣接し、新河岸川や荒川沿いには公園が多く、自然に囲まれた環境で生活する事ができるのが大きなメリットです。志木市内の2つの駅の周囲には繁華街と住宅地が集中し、バス路線が充実しています。駅周辺には多くの物件が存在しますが、特に本町2丁目から3丁目付近には優良な物件が集中しています。中でも2千万円台から3千万円台の新築一戸建て住宅があり、市役所や駅から徒歩で行ける距離にあります。休日にでも物件の周囲を散策してみると、その魅力がよく分かります。

目的の明確化が必要です

住まい選びは慎重に進めて行く事が肝心です。時間をかけて家族と何度も相談しながら選択肢を絞っていく事が必要です。家族の人数が多い場合はある程度の広い間取りを確保する必要があります。将来大規模な改築やリフォームをする可能性がある場合いは一戸建てを購入する必要があります。一戸建て住宅の場合、中古住宅にするか、新築住宅にするかを選ぶ事になります。中古物件は格安な上に数が多いので、選ぶ幅が広がります。しかしここ数年の自然災害の事を考えると、耐震性について不安が残ります。特に1981年以前の一戸建て住宅は旧建築基準による建物です。震度5程度に耐えうる事が条件として建てられています。しかし最近起きている地震による被害を考えると、震度6から7程度でも倒壊を免れる事ができる新基準による住宅の方が安心です。家族の安全を第一と考えれば、新築一戸建て住宅が最適です。